読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職質アンチパターン

無責任な事を書きたい

森美術館でやってるアンディ・ウォーホル展見てきた.

マリリン・モンローポートレートとか,毛沢東ポートレートとか,キャンベルのスープ缶の絵とか,そういう有名なのがひと通りあったので,僕みたいな教養のない糞ミーハーにとってはそれだけで満足感がある.キャデラックの絵とか電気椅子のレタッチ作品も良かった.
また,絵画だけじゃなくて,ウォーホルが監督した意味不明の映画が延々流れているエリアや,ヴェルヴェット・アンダーグラウンドが騒音を垂れ流し続ける展示や,ウォーホルが出演したTDKビデオカセットテープのCMが無限にリピート再生されている区画などもあって大変落ち着く.

会場内,「アンディ・ウォーホルの名言」みたいなのが各所の壁に書かれていて,「良いかどうかはお客さんがYesかNoかで言ってくれて,そのNoを無くすように仕事すれば良いだけだったから,広告で仕事してた時は楽で良かった」とか「想像力とか働かせる必要がない」とか「僕はロボットになりたい」とか,そういう事ばかり言ってて不穏な感じだった.けれど,一方で「多くのアーティストは相手が必要としないものばかり作って喜んでるけど,実際には必要とされるものを作らないと意味が無い」みたいな意味合いの事も言ってて本当に良かった.学びが多い.

ところで坂本龍一ポートレート,なんか面白いから見ると良いと思う.時代を感じる.