読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職質アンチパターン

無責任な事を書きたい

涙の落ちる速度【初回限定盤A】

nano.RIPEの新譜,涙の落ちる速度を買った.非常に良い.


前作までと比較して,音がクリアになっていて,更に演奏技術も明らかに上がっていて現代のバンドという感じがする.

ひとつ前のアルバムで味をしめたのか,ツービート的なフレーズを取り入れた曲がいくつかあって格好いい.残響レコードの悪いバンドが使うような悪いテクニック,例えばディレーの発振とか難しそうなギターフレーズとか妙にハイの効いた歪みとかを多用した曲も入っていて,これは新鮮な感じだったけど割と違和感あった.でもやっぱりnano.RIPE,という感じで作風はブレて無かったから良かった.ベタだけど,「影踏み」は本当に良い曲だと思った.安定感がある.


このバンドに限った話ではなく,作風が同じ,というところを取り上げて「いつも同じような曲しか作ってないじゃないですか」と批判する人いるけど,例えばテクノポップミュージシャンがいきなりカントリー音楽を始めたり,歌舞伎俳優が公演で突然コントを始めたりしたらみんな怒ると思う.やっぱり一貫性みたいなものは重要だし,ミッションステートメントはしっかりしておいた方が良い.作風はそこの部分に当たる気がする.