職質アンチパターン

無責任な事を書きたい

近況と渡米

近況として,本来であれば今ごろ僕は渡米に成功していて合衆国で働いているはずだったのですが,さまざまな事があり未だ日本に生活の拠点があります.コロナとドナルド・トランプに人生を狂わされていると言える.

実情としてはLビザのPremium Process (14日以内に必ず成否が出るタイプの労働ビザ申請) の申請の直前に *1 アメリカ合衆国の移民関連のプログラムと大使館が新型コロナの影響でシャットダウンして動きが完全に止まってしまい,「まだ止まっとるな〜そろそろ再開されても良さそうだけど」と思っていた矢先に「2020年末まで主な就労タイプのビザの発給停止」のニュースが報じられウオー第45代合衆国大統領はすごい!!!!!という感じです.

現在の状況はなかなか不思議で,このような状況でもPermium Processはまもなく再開されるそうです.Premium Processが再開されると「ビザの申請」自体は可能でその成否もやってくる,一方でビザの発給自体は「発給が再開」されるまでストップということなのでどのみち年末まではビザの取得は不可能なわけですが……とはいえ申請さえ通っていれば発給が再開されるや否や即ビザを入手できるので便利は便利? まあよくわかりませんね(特に期限がどうなるのかイマイチわからなかった).

さておき住もうと思っていたシアトルのキャピトル・ヒルの周辺は全米でも屈指のホットスポット (CHAZ) と化しているし,デモはガンガン起きてるようですし,合衆国へ行くと何が起こるかマジでわかりませんね.仮に年明けから移住するにしても不安があります.なんとかなって欲しい……

*1:これは勘違いしていて,僕はすでにプロセスは申請済みだと思っていた

モチベーションの維持をどうやっていくか

個人的な話です.万人に当てはまるわけがない.

だいたいこのツイートで言いたいことは言っているわけですが.

モチベーションが低いと仕事や学業の能率が悪くなるばかりか,しばしば日常生活にまで影響が及ぶことがあります.「仕事」と「プライベート」というように,モチベーションの出どころをキッパリ分けられる方は良いかもしれませんが,僕はこのあたりが割と不可分なのでいずれか一方のモチベーションが破滅すると両方に影響が出てしまうので,モチベーションの維持というのは重要な課題になっています.

もちろんモチベーションの維持に対して承認欲求の達成が有効であるのはその通りだと認識しています.褒められればやる気が出るし,コミュニティから認められればそれはモチベーションの向上に大きく寄与するでしょう. しかし,こういった承認をしてくれる「承認者」は現代の組織体系ではある程度固定されていくものです.それはレポートライン上の上司かもしれないし,チームメイトかもしれないし,家族かもしれない.

承認による快感に囚われると効率よく承認を稼ぐために,その固定化された「承認者」を狙い撃ちにした承認狙いの行動が増えていきます.結果として,モチベーション上下の要因が次第に快感つまり承認の多寡にすり替わっていき,すなわち自分のモチベーションをコントロールする存在が第三者へと移管されていきます.

さて,しかし承認狙いの行動を取ったからといって,第三者が必ずしもそれを評価してくれるとは限りません.評価してくれているうちは良いですが,それが続くと「承認されていた状況」が常態化してしまいます.そして,次第に評価が渋くなってくると今度はその状況にフラストレーションが溜まっていき,「承認されない」ことでモチベーションが下がる,という減点方式へといつしかステージが変わってしまいます. そしてそうなってくると,「なんで評価されないんだ」という内省的な状態からやがて「なんでヤツは評価してくれないんだ」という第三者への呪いへと変わっていき,こうなるともはやゲームオーバーです.モチベーションは永劫回復しない.

というわけで,モチベーションの源泉を第三者に委ねるとロクなことがない.したがって,自分のモチベーションくらい自分で管理しなければならない,という精神になってくるわけです.

もはや最近は「これができるとカッコイイよな〜」とか「これができねえとダサいよな」とか,そういうプリミティブな動機付けをしつつ,それにしたがって様々なものを撃破するという精神性になってきており,「できるとカッコよいもの」ができた時は「俺は地球上で今,最も格好の良い人間!!!」という風に自分をしっかり認めることでモチベーションを高めているという状況です.もちろん,それによって他人に褒められるとそれはそれで嬉しいことではありますが,それはあくまで副次的なものであって特に強く気にしないように心がけています.承認の奴隷になってはならない.

まあそうは言っても超人ではないので,自分一人でモチベーションをどこまで維持できるか,というのはなかなか難しい話題だと思います.自分に対する期待もほどほどにする,って感じにするのが良いのでしょうね.

iOS環境でセルラー通信が途絶する問題を報告した

とにかく困っており,具体例を挙げるとアラートを取れなかったりするわけです.これは本当に恐ろしいのでフィードバック窓口から報告しました.

以下内容:

Sometimes my iPhone cannot connect to the Internet through cellular connectivity (i.e. 3G/LTE) even if the strength indicator of cellular radio wave is active. Once it has rebooted the device, it will be back.

I'm using iPhone 11 Pro Max (model: `MWHJ2J/A`, serial: `[censored]`) and the iOS version is 13.1.2. And my using carrier is Softbank in Japan.

I hope this problem will be solved as soon as possible.

regards,

早く解決して欲しいですね.

#pastak生誕祭 2019でDJやります

京都の傑物id:Pasta-Kの生誕祭をなぜか東京でやります.そしてなぜかど素人なのにもかかわらず私はDJをやることになっております! (このエントリはDJの練習へ向かうバスの中で書かれている)

日時は明日2019年9月15日 (土) です! 万難を排してみなさん来てください!!

デイリーポータルZに広告出せて便利.

GORE-TEX 3layer シェルジャケット修理

moznion.hatenablog.com

この記事の続きなのですが,先の記事中にある微妙に破れてしまったシェルジャケットの裏地部分を直すという話です.

折しもid:hitode909さんがモンベルから売られているGORE-TEXメンブレンのパッチを当てることでシェルジャケットの修理を行っていたので,それを参考に直してみることとします.幸いにも職業柄パッチを当てるのは得意.

blog.sushi.money

f:id:moznion:20190718231110j:plain

破れてるね〜.本来はこの傷口をなんとかしたほうが良いのでしょうが (取扱説明書には「縫え」と書いてありました),裁縫スキルにパラメータを振ってこない人生を送ってきましたからこのままやってみることとします.

f:id:moznion:20190718231405j:plain

適切なサイズに切り取ったパッチを仮当て.取扱説明書に「角部を面取りするとはがれにくい」とあったのでそのようにします.

f:id:moznion:20190718231458j:plain

あて布をしつつ,アイロンの中温で圧着します.

f:id:moznion:20190718232716j:plain

圧着済みの様子.やはり完全とは言えず,元々破れていた部分が琵琶湖のように浮き上がっています.前処理をうまくやればもっとなんとかなりそうな気はします.

f:id:moznion:20190718232736j:plain

表面から見た様子.こちらも目立たないもののうっすらと琵琶湖が見て取れます.そして更に良く目を凝らすとパッチの形がぼんやりとわかったり……

とはいえだいぶ目立たない感じになったのと,実用上は問題ない (機能性を取り戻した) ので,結果大満足です.これでまたこのシェルが着れる……良かった良かった!

webshop.montbell.jp

「知られざる特殊特許の世界」を読んだ

これからは知財の時代や!!! と思い立ったわけでもないのですが,ここ最近特許関連の書類と触れ合う機会が多いのでその取っ掛かりということで読みやすそうな本を読んでみました.

知られざる特殊特許の世界

知られざる特殊特許の世界

平易な言葉で知的財産権 (特許権実用新案権意匠権) について説明されていてわかりやすい.これらの権利については前もって知識があったので,知っている内容も多くあったのですが,改めて全体を俯瞰できる感じで良かったです.

事例として出てくる特許や実用新案の請求は割とトンデモ系 (世界の全てを主張する特許や念力による製薬の特許など) が多く,ややエンターテインメントに寄っている感もあるのですが,そういった得てして一笑に付されて終わりになりそうな請求に対しても「『自然法則を利用した技術的思想の創作』ではないから駄目」「『実際上,明らかに実施できない発明』であるから駄目」という感じで丁寧に説明が為されていて参考になります.反面教師から特許請求のあるべき姿が学べると言ったところでしょうか.

もちろんまともな特許事例も例として示されていますし,一見すると通らなそうな請求についても「じつはこのような理由で〜」という説明があって良いです.

知財権周りのタスクを突然やることになったときの取っ掛かりの一冊としてはなかなか良いような印象です.サクッと読めて良い.

夢,なぜかさまぁ〜ずの2人とid:nkgt_chkonk (しんぺい) さんと温泉に行く.温泉に入りながらしんぺいさんにベースの弾き方のフォームの矯正をしてもらう.左手の親指の位置を変えるだけで運指が非常に滑らかになってハイウェイスターをミスらずに弾けるようになる.